妊娠したいと思ったら何をしたらいいの?焦らずに行動しよう。

訪問頂きありがとうございます!

赤ちゃんが欲しい、妊活を始めようかな?と思っても何をしたらいいか分からない・・・

今日は、そんな時まず初めに何をすればいいかをご紹介します。

まず基礎体温計を付けよう!

そろそろ赤ちゃんが欲しいと思ったら、まず自分の体を知りましょう。

毎日測るのは大変ですが、妊活の第一歩は基礎体温を測ることです。

 

 

測り方

 

朝起きたときに起き上らずに舌の下に体温計を入れます。

体温計によってまちまちですが、10秒から5分程度で測れます。

私もうっかり起き上ってしまうこともたびたびありますが、そんな日は測ったり測らなかったり・・・

毎日必ず!とか思い詰めてしまうのと続かないので、測れなかったらまた明日!とか起き上っちゃったけど念のため!程度で測っていくと良いと思います。

 

 

基礎体温計ってどんなもの?

 

今はドラッグストアなどで、いろいろな種類の基礎体温計が売っています。

昔ながらの水銀の夫人体温計、普通の体温計のような夫人体温計など。

注意して頂きたいのは、体温計ではなく、夫人体温計を買うということです。

00.00まで測れるものでないと、基礎体温の微妙な変化に気づくことが出来ません。

測った基礎体温は手書きの表やアプリなどに付けていきましょう!

 

 

 

おすすめの基礎体温計

 

私が愛用している基礎体温計はオムロンMC-642L-PKです

4年モノなのでかなりボロボロですが・・・(笑)

口に入れ10秒ほどで簡単に基礎体温が測れます!

測るのがかなり速いです!

そしてアプリと対応していて、おサイフケータイの機能がついている携帯電話と通信ができます。

毎日通信しなくても、体温計の中に1ヶ月分のデータを保管してくれます。

さすがに1ヶ月分を貯めることは無いと思いますが、毎日通信しなくていいというのは、朝バタバタする私にはとってもありがたい機能です。

週一回、週末に測った後、アプリと通信しています。

とっても便利なのですが、愛用のアプリが最近新しいアプリに引継ぎされ、今まで使っていたアプリが配信停止になるそうです。

新しいアプリをダウンロードして使ってはいるのですが・・・

今まで使っていた機能が一部有料になったりするようなので、今現在様子見です。

体の状態(生理周期や体調など)をアイコンで簡単に記録できる機能があったのですが、新しいアプリではなかなか入力がめんどくさかったり、表示の仕方が見にくかったり。

ちょっとレビューに問題ありな状態です。

それを除いたとしても毎日基礎体温をアプリに入力したり、ノートに書いたりという手間を考えると、かなり使える基礎体温計だと思います。

私は結構めんどくさがり屋なので、基礎体温を通信で入力する以外は、生理日を記録するくらいしか使っていませんでした。

ですので、正直あまり困ることはないかなーとは思っています。

体の状態をまめに記録したい方は、違うアプリと併用する必要があるかもしれまん。

 

 

 

産婦人科に行こう!

基礎体温を3ヶ月ほど測って、グラフを用意したら、産婦人科に行きましょう!

基礎体温の継続の目安はまず3ヶ月です。

その後も治療に合わせて妊娠するまで基礎体温の測定を継続することをお勧めします。

 

 

まとめ

赤ちゃんが欲しいと思ったら、まず一番に基礎体温計を付けよう!

何度もいいますが、これは本当にとっても大切です。

上記の基礎体温計はちょっと・・・という方も、いろいろな基礎体温計がありますので、お好きなもので結構です。

なにもせずに産婦人科に行ってみてもいいですが、妊娠希望の旨を伝えるともれなく基礎体温を測っていますか?と聞かれます。

まず測ってくださいと言われる場合もあるかもしれません。

それぞれいろいろな事情はあるかもしれませんが、急ぐ場合は特に、時間のロスをなくすために基礎体温表を用意して行かれることをおすすめします!

 

購入、チェックはこちら↓

 

 

ぽちぽちお願いします!

ブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です