精索静脈瘤とは?痛みや症状についてご紹介。手術は必要?

訪問頂きありがとうございます!

今日は、以前の記事でご報告した旦那君の精索静脈瘤についてご紹介します。

以前の記事↓

男性不妊専門病院の通院報告!精液検査の手順をご紹介

 

精索静脈瘤発覚!

先日の検査で精索静脈瘤が発覚しました。

第一子の時の不妊治療ではわかりませんでしたが、今回以前と別の病院で検査して頂いたら、1回目の検査で発覚しました。

 

 

精索静脈瘤とは?

精巣から流出した細かな静脈は合流して精巣静脈となります。

精巣静脈内で血液が逆流し、蔓状静脈叢内に血液がうっ滞し、静脈が拡張した状態が精索静脈瘤です。

精索静脈瘤は健康に影響を及ぼすことはありません。

陰嚢腫大、陰嚢痛や違和感、男性不妊症の原因になることがあります。

精索静脈瘤は健康な男性の10数%に見つかると言われているので、まれな症状ではありません。

男性不妊の場合は、精索静脈瘤が見つかる頻度が約3~4倍に増加します。

 

 

改善するには?

手術によって改善出来ます。

精索静脈瘤の手術には2種類あって、血管を鼠径管の上で切断する高位結紮術と鼠径管より下で切断する低位結紮術があります。

高位結紮術は開放手術または腹腔鏡下手術で、数日の入院が必要になります。

低位結紮術は顕微鏡下手術で、数時間の手術および当日帰宅が出来ます。

どちらの手術法でも治療効果はほぼ同程度です。

しかし現在は顕微鏡下手術が主流となっているそうです。

理由としては、再発が少ない陰嚢水腫の合併が少ない痛みが少ない為と言われています。

 

 

手術の効果

陰嚢痛や違和感などの自覚症状は、約95%の方が改善しているそうです。

男性不妊の場合は、約70%の方が精子数や運動率が改善しているそうです。

 

 

手術の価格

旦那君が通っている病院では、顕微鏡下手術を行っているそうです。

手術にかかる費用は、事前検査が1万円、片方の顕微鏡下精索静脈瘤手術が15万円、両方で25万円とのことでした。

病院によって価格は違うと思いますので、おおよその目安として認識してください。

 

 

我が家の場合

はじめて聞いた時はびっくりしました。

精索静脈瘤という言葉も初めて聞きましたし、旦那君の場合は、両方の睾丸に精索静脈瘤の症状があるそうです。

手術をする場合は、事前検査と両方の睾丸の顕微鏡下精索静脈瘤手術で30万円弱かかるそうです。

しかし前回の治療の時と同様に投薬治療でも改善をする可能性はあるとの診断でした。

旦那君と相談した結果、我が家にはすでに1人息子がいますし、前回投薬治療にて改善できたため、今回も投薬治療を選択しました。

薬の内容は以前の記事をご覧ください↓

男性不妊専門病院の通院報告!精液検査の手順をご紹介

 

まとめ

旦那君の状態が悪いのは重々承知していましたが、まさか聞いたこともないような症状が発覚するとは思いませんでした。

同じ診断をされた方は、きっととても驚いたと思います。

ショックを受けるとは思いますが、妊娠を希望しているならば、落ち込んでいてもなにも変わらないですよね。

私が多嚢胞性卵巣症候群だと分かった時もそうでしたが、さっさと受け入れて、どんな形であれ改善のために動いた方がずっとずっと近道です。

この記事を見て頂いている方は、子供が欲しいという私と同じ目標を持った方々なんじゃないかなと思います。

きっと楽な道ではないでしょうし、何が正しい選択なのか常に不安だと思います。

でも妊活は一人ではできません。

夫婦で協力して、納得できる道を探しましょう!

 

 

ぽちぽちお願いします!

ブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です