男性不妊乏精子症だった・・どうしたらいいの?

訪問頂きありがとうございます!

今日は旦那君の乏精子症についてご紹介します。

以前は不妊の原因は女性だと思われていましたが、最近は男性不妊の認識が広がってきました。

現在10人に1人が精子に問題があると言われています。

男性不妊はとても身近になっていきているのです。

 

男性不妊ってどういうこと?

男性不妊には先天性のものと後天性のものがあります。

先天性の男性不妊とは遺伝的要因や発育段階での影響で無精子症や乏精子症等になってしまっていることです。

後天性の男性不妊とはストレス・喫煙・飲酒・肥満などの外的要因により無精子症や乏精子症等になることです。

無精子症・・・精子が精液中にまったくいない状態。又は運動率がかなり悪い状態。精巣に精子が存在していれば顕微授精などの治療で妊娠することが出来ます。

乏精子症・・・精液中にいる精子の数が少ない状態。程度によって軽度・中等度・重症度に分けられています。正常値は1ccあたり6000~8000万以上と言われています。5000万以下の場合は軽度、1000万以下の場合は中等度、100万以下の場合は重症度と定義されています。数によってタイミング法、人工授精、体外受精、顕微授精などの治療を行います。

精子無力症・・・精液中の精子の数は正常なのですが、活発に前進する精子が少ない状態です。動いている精子が50%又は活発に前進する精子が25%未満と言われています。乏精子症と同じように状態によって有効な治療を行います。

 

どのような検査をしたらわかるの?

以前の記事でも記載しましたが、精液検査によってわかります。

以前の記事↓

不妊症かも?産婦人科でどんな検査をするの?

私たちの場合は私が行っている不妊治療専門外来に精液を持ち込み、検査をして頂きました。

私たちの場合は私が持ち込みましたが、旦那さんに同伴して頂いても検査できます。

不妊治療外来に抵抗がある男性は、泌尿器科の病院でも検査できます。

 

我が家の場合

一番初めに不妊治療外来で検査を受けたときの状態は、

精液量 6ml 精子濃度 1500万/ml以上 精子運動率 80% 直進精子運動率 60% 奇形率 40%

 

その後男性不妊外来へ紹介状をもらい、検査を受けたときの状態は、

1回目

精液量 6.5ml 精子濃度 760万/ml 精子運動率 57%            直進精子運動率 52% 奇形率 55%

2回目

精液量 5.0ml 精子濃度 850万/ml 精子運動率 82%            直進精子運動率 41% 奇形率 35%

 

※正常値

精液量 1.5ml 精子濃度 1500~5000万/ml以上 精子運動率 60~100% 直進精子運動率 50~100% 奇形率 0~30%

 

上記の結果から、正式に軽度から中等度の乏精子症と診断されました。

上記でもわかるように、体調などによっても状態は変わるそうです。

 

乏精子症の治療法

我が家は乏精子症だったため、乏精子症の治療についてご紹介します。

はじめて聞いた時はびっくりしたのですが、乏精子症の治療にもクロミッドを使用します。

旦那君は半錠を1日1回朝食後に服用しました。

28日(4週間)を1コースとし、24日連日服用後、4日休薬します。

造精周期は約75日のため、3コース程度は必要となります。

3~4ヶ月おきに採血と精液検査を実施します。

開始より3~4ヶ月治療後にも改善が得られない場合は中止します。

 

 

まとめ

私たちの場合は、服薬し始めてから2ヶ月程度で人工授精にて妊娠したため、クロミッドでどれだけ効果があったのかは数字としてはわかっていません。

しかし毎回の人工受精時の精子の量は確実に増えていました。

クロミッド以外に、マカと亜鉛のサプリメントも飲んでもらっていました。

サプリメントは今後も不妊治療を行っていく上で併用していくつもりです。

今後、サプリメントについても記事を書きたいと思っています。

旦那君は、もともとあまり性欲が強くなかったのですが、クロミッドおよびマカと亜鉛を服薬中にはとても性欲が強くなっていました。

一概には言えませんが、性欲があまり強くない方は、もしかしたら精子に問題がある場合もあるかもしれません。

男性不妊に悩む方は年々増えているようです。

今すぐでなくても、今後子供が欲しい方は、早めに検査をされることをおすすめします。

 

ぽちぽちお願いします!

ブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です