男性不妊の病院はなにを基準に選べばいいの?

訪問頂きありがとうございます!

今日は、男性不妊が分かった時の、病院の選び方についてご紹介します。

 

男性不妊とは?

男性不妊には先天性のものと後天性のものがあります。

先天性の男性不妊とは遺伝的要因や発育段階での影響で無精子症や乏精子症等になってしまっていることです。

後天性の男性不妊とはストレス・喫煙・飲酒・肥満などの外的要因により無精子症や乏精子症等になることです。

詳しくは以前の記事をご覧ください↓

男性不妊乏精子症だった・・どうしたらいいの?

 

 

不妊治療専門の病院で評判を聞こう

旦那君が前回の治療で乏精子症と診断されたときに、私の担当の先生に相談しました。

当然、不妊治療専門の婦人科ですと、男性不妊の病院との繋がりがあります。

私が通っている病院の先生は、自宅から通える範囲の病院を2、3件教えて下さり、どのような先生が治療されているかも教えて下さいました。

 

紹介状をもらおう

旦那さんが通うことになるため、病院については旦那さんとよく相談しましょう。

通う病院が決まったら、担当の先生に紹介状を書いてもらいましょう。

紹介状を書いていただいた方が、現状の状態やどのような治療を希望しているかをスムーズに担当医に伝えることが出来ます。

男性不妊の病院は、現在どこも患者が多く、新規外来では診てくださらない病院もあるそうです。

男性不妊外来に行く場合は、なるべく紹介状をもらうようにしましょう。

 

まとめ

男性不妊と診断されるとどうしても戸惑ってしまいますよね。

すぐには変わらないかもしれませんが、薬や生活習慣で改善する場合もあります。

旦那君も男性不妊外来に通ってくれて、私と一緒に治療を受けてくれました。

不妊治療は、夫婦の協力がないと続けていけません。

その中でも、男性不妊は男性にとってとてもつらい事だと思います。

プライドや自分を否定されたような気持ちを抱き、受け入れられない男性が多いと聞きます。

ご主人の精神的な部分もケアしてあげながら、治療を受けなければなりません。

男性不妊とは夫婦にとってとても辛いことです。

不妊治療とは、楽に治療できるものではありません。

しかし、夫婦の絆を深めてくれるものでもあると思っています。

きちんと話し合い治療することは、子供を大切にできる1つの要素だと思っています。

共に頑張りましょう!

 

ぽちぽちお願いします!

ブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です