排卵誘発剤開始しました!

訪問頂きありがとうございます!

今日は、一歩前進した現在進行形の不妊治療についてお話ししたいと思います。

先日不妊治療を再開してから2回目の通院に行ってきました。

今後の予定が決まりましたのでご紹介します。

 

今後の予定

おそらく排卵は行われていないだろうとのことで、排卵誘発剤を服用することになりました。

平行して卵管造影検査も受ける予定です。

その後、排卵日前後にフーナーテストを受けます。

しばらくはタイミング法で様子を見て、難しければ人工授精に移行することになりました。

 

現在の基礎体温表

こちらが現在の私の基礎体温表です。

 

そしてこちらが標準的な基礎体温表です。

 

がたがたなのが分かりますか?

私が起き上ってしまったり、測るのを忘れたりと多少の誤差はあると思います。

しかし高温層と低温層がきちんと分かれておらず、排卵がきちんと出来ていないことが分かります。

基礎体温を測り始めてから、排卵誘発剤の服用は必要だろうと思っていました。

 

 

排卵誘発剤

クロミッドを服用します。

月経5日目より5日間、今回は1錠ずつ服用することになりました。

こちらが今回処方して頂いたクロミッドです。

夕食後に1錠ずつ服用します。

 

詳しくは前回の記事をどうぞ↓

妊娠への第一歩!排卵誘発剤ってどんなもの?

風邪薬などはうっかり飲み忘れることが多々あるので、この5日間だけは飲み忘れの無いように細心の注意を払います。

 

卵管造影検査

卵管造影検査は月経後5日から10日の間に受けます。

そして、卵管造影検査の翌日か翌々日に骨盤写レントゲンを撮影します。

先日排卵誘発剤を処方して頂いた時に一緒に卵管造影検査の予約を取ってきました。

前回とても痛かった思い出があるので怖いのですが、不妊治療成功のために頑張りたいと思います。

各種検査については以前の記事をどうぞ↓

不妊症かも?産婦人科でどんな検査をするの?

卵管造影検査後に、一通りの流れを記事にしようと思っていますので、良ければそちらも見てください。

 

 

まとめ

今後の予定が着々と決まりはじめ、とうとう本格的に不妊治療が始まります。

自分が望んで受ける不妊治療ですが、正直憂鬱な気持ちがあります。

でも、2人目の赤ちゃんに会えるかもしれないというワクワクとした気持ちもあります。

不妊治療に向き合う場合はどうしても複雑な気持ちになってしまいます。

旦那君や息子に精神的に支えてもらいながら頑張っていきたいと思います。

基礎体温についてですが、私の初月経は10歳の頃でした。

そのころから現在まで月経周期は28日から30日できちんと行われてきました。

おそらく無排卵月経だったのだと思います。

月経がきちんと出来ているからといって、きちんと排卵が出来ているかはわかりません。

私もまさか自分が排卵が出来ない体質だとは思っていませんでした。

20代になり、将来子供を望むのであれば、早めに基礎体温を測りましょう。

そして環境が許すのであれば、お近くの婦人科に一度行ってみることをお勧めします。

現在不妊治療中の方も一緒に頑張っていきましょう!

ぽちぽちお願いします!

ブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 男性不妊へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です